Wordpress Builder

WinRoad徒然草の管理人が提供するWordPressとホームページビルダーの情報サイトです。

BackWpupでデータのバックアップ

BackWpupでデータのバックアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressには、色々なバックアッププラグインがあります。基本的にデータベースのバックアップがメインですが、『BackWpup』は、データベース以外に、テーマファイルやプラグイン、画像などのバックアップを自動で行うことが出来ます。今日は、このBachWpupの使い方を調べてみたいと思います。

1. ダッシュボードの左メニューからプラグイン→新規追加とクリックして、プラグインのインストール画面へ移動します。検索窓に『backwpup』と入力して、プラグインの検索ボタンをクリックすると、一番上に表示されますので、今すぐインストールをクリックします。

wordpress211

2. インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

3. 左メニューの設定エリアの下に『BackWpup』メニューエリアが表示されますので、『Add New』をクリックします。

4. 設定項目が多いので上下に分けて説明します。

wordpress214

  • ①は、バックアップジョブの名称です。分かり易い名前を付けましょう。
  • ②はバックアップするデータベーステーブルを選択します。基本的に全選択にしましょう。
  • ③はバックアップするファイルを選択します。これも基本的に全選択で構わないと思いますが、バックアップしたくないファイルは下記のExcludeにチェックを入れます。
  • ④は、ジョブタイプです。デフォルトでは、データベースとファイルのバックアップにのみ、チェックが入っていますが、その下の二つ(データベースの最適化とデータベーステーブルのチェック)も選択しておきましょう。
  • ⑤は、全ての設定が終了したら、クリックします。一番下のあたりにあるのが一般的ですが、、このプラグインでは、ここに設定保存(Save Changes)ボタンがあります。
  • ⑥は、バックアップスケジュールです。定期的にバックアップするように設定します。バックアップスケジュールを決めたら、Activate Schedulingにチェックを入れましょう。

5. 次は下の方の項目です。

wordpress215

  • ⑦は、上記以外にバックアップするフォルダや除外するフォルダやファイルを指定します。
  • ⑧は、バックアップする箇所です。フォルダにバックアップしたり、Eメールに添付して送ったり、FTPサーバーや各種オンラインストレージが選択できるようになっています。後で、実際にFTPとオンラインストレージのDropBoxにバックアップしてみたいと思います。
  • ⑨は、バックアップするファイルの種類とファイル名を選択します。基本的にデフォルトのままでいいと思います。
  • ⑩は、バックアップ状況をメール送信するかどうかの選択です。これもデフォルト(バックアップに失敗したときのみメール送信する)でいいと思います。

6. それでは、実際にバックアップをしてみましょう。まず、FTPサーバーにバックアップするのですが、先にバックアップ用のフォルダを作成しておきます。

ロリポップにバックアップ用のフォルダを作成

7. それでは、私がこのサイトで使用しているロリポップでバックアップ用のフォルダを作成します。皆さんも各自のレンタルサーバーでバックアップ用のフォルダを作成して下さい。

8. ロリポップのユーザー専用ページのWEBツール→ロリポップ!FTPとクリックします。

wordpress217

9. ロリポップ!FTPが起動したら、新規フォルダ作成アイコンをクリックします。

wordpress218

10. フォルダ名を作成して、保存するボタンをクリックします。

wordpress219

11. 管理しやすいようにbackupフォルダの中に、wordpressbuilder名のフォルダも作成しました。皆さんも管理しやすいように工夫して下さい。

FTPサーバーにバックアップ

12. それでは、BackWpupの新規作成画面に戻り、Backup to FTP Serverをクリックして、下記のように設定します。

wordpress220

  • ①にFTPサーバー名を記述します。ロリポップでは、左メニューのアカウント情報をクリックすると、下の方にサーバー情報がありますので、そこにFTPサーバー名が記述してあります。
  • ②には、FTPサーバーのユーザー名(アカウント名)とパスワードを記述します。ロリポップでは、FTP・WebDAVアカウントと記述してあります。
  • ③には、先程作成したフォルダ名を記述します。
  • ④には、保存するフォルダの最大数を記述します。指定数以上になると古いファイルから削除されます。

バックアップのテスト

13. それでは、実際にバックアップしてみましょう。BackWpup→Jobsとクリックします。

14. BackWpup Jobsが開いたら、今作成したジョブにカーソルを合わせ、表示されたRun Nowをクリックします。

wordpress221

15. バックアップが開始されました。

wordpress222

16. それでは、実際にバックアップされているか確認してみます。下記のようにバックアップされているのを確認できました。

wordpress223

Dropboxにバックアップ

17. 次にDropboxにバックアップしてみたいと思います。Dropboxにアカウントを作成していない方は、WinrRoad徒然草の『オンラインストレージDropboxの導入』を参考にして、アカウントを作成して下さい。2.75GBの容量を取得できます。

18. Dropboxにも、事前にバックアップ用のフォルダを作成しておきます。とりあえず、wpb_backupというフォルダを作成しました。

19. WordpressのダッシュボードからBackWpup→Add Newとクリックして、新規ジョブ名を入力します。とりあえずDropbox_backupと付けてみました。Dropboxはそんなに容量が大きくありませんので、週1のバックアップで、バックアップファイルの数は4としました。

20. Backup to Dropboxをクリックして、ログイン用のAuthenticate!ボタンをクリックします。

wordpress224

21. Dropboxのサインイン画面が表示されますので、Dropboxに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力して、サインインボタンをクリックします。

wordpress225

19. BackWpupからのリクエストを許可するかどうかの画面が表示されますので、『許可』ボタンをクリックします。

wordpress226

20. Wordpressのダッシュボードに戻り、Dropboxが認証されているのが分かります。ドロップボックス内に作成したフォルダを指定し、保存ファイル数を4にして、Save Changesボタンをクリックします。

wordpress227

21. このジョブも先程と同様にRun Nowをクリックして、バックアップしてみます。先程のFTPサーバーへのバックアップはほんの10数秒で終わったのですが、Dropboxは2分程度かかりました。

22. 基本的には、FTPサーバーへ保存して、Dopboxは万が一の場合の備えとして利用するだけですので、遅くても大丈夫だとは思いますが。

23. Dropboxのフォルダを確認したら、きちんとファイルが保存されていました。

wordpress228

以上。



« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です