Wordpress Builder

WinRoad徒然草の管理人が提供するWordPressとホームページビルダーの情報サイトです。

ロリポップでWordPressの簡単インストール

ロリポップでWordPressの簡単インストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルサーバーでのロリポップでは、WordPressの簡単インストール機能がついています。それでは、実際に簡単インストールを使ってWordPressをインストールしてみたいと思います。

1. ロリポップの簡単インストールには、WordPress、Movable Type、ZenPhoto、Sweetcron、Pukiwiki(プキウィキ)、baserCMSがあります。

2. それでは、一番上のWordPressの『利用する』ボタンをクリックしてみます。

wordpress032

3.  インストール先のフォルダとデータベースを指定する必要があります。データベースは新規自動作成を選択することも出来ますが、ランダムなデータベース名 とパスワードでは管理がしにくいので、先に作成しておいた方がいいでしょう。尚、今回、新しい『ホームページビルダーで作成するWordPressに関す る情報』のサイト用にサブドメインとそのサイト用のデータベースを作成することにします。

wordpress033

4.  それでは、インストール先とデータベースを作成する手順からやりたいと思います。

サブドメインの作成

5. 独自ドメインの中のサブドメインをクリックします。サブドメイン設定の画面で、サブドメイン名を作成し、独自ドメインを指定します。公開フォルダを指定したら、作成をクリックします。

wordpress034

データベースの作成

6. データベースも先に作成しておきます。WEBツールのデータベースから作成をクリックします。

7. データベース作成の画面、どのサイトのデータベースなのか分かり易いようにデータベース名を作成します。

wordpress035

WordPressの簡単インストール

8. それでは、簡単インストールからWordPressの『利用する』ボタンをクリックします。

9. 作成したサブドメインとデータベースを選択して、入力内容確認のボタンをクリックします。

wordpress036

10. 内容を確認したら、ファイルを上書きするかどうかの質問に対し、承諾するにチェックをいれて、インストールボタンをクリックします。

wordpress037

11. 正常にインストールが完了いたしました。が表示されたらOKです。サイトのアドレスをクリックします。

wordpress038

12. ようこそ画面が表示されたら、サイト情報を入力して、WordPressをインストールボタンをクリックします。

wordpress039

13. 成功しました!が表示されたら、ログインしてみます。

14. WordPressのダッシュボード(管理画面)が表示されました。サイトを表示してみます。

wordpress040

15. 今度のデフォルトテーマはとてもシンプルですね。最初から『自分で作成して下さい。』みたいな感じです。

wordpress041

本日は以上です。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大60GB!WordpressやMovable Typeの簡単インストール付★

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です